スポンサーリンク

ドラマ『記憶』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

テレビ連続ドラマ『記憶』を観ました。
深夜の再放送だったので、放送翌日にTverで観ました。

どうしてお気に入りの俳優中井貴一主演のドラマを見逃していたのかと言えば、どうも2018年の初回放送は有料版だったようで、観られるはずがありませんでした。最後は、正義は勝つ的な終わり方でスッキリしますが、もう少し「悪」が頑張って欲しいと思えるくらいのあっけさなでした。

でも、もう次週が待ちきれないくらい楽しみにしていました。とても良かったです。

★★★★★

作品概要

原作はSTUDIO DRAGON/CJ E&M『記憶』。
総監督はパク・チャンホン。
脚本は神森万里江。
演出は平野眞。
製作著作はフジテレビです。
主演は中井貴一、その他の出演者に松下由樹、優香、泉澤祐希、今田美桜、モロ師岡他。

ドラマ『記憶』は、2016年に韓国で放送された連続ドラマ『記憶~愛する人へ~』を、フジテレビとJ:COMの共同制作によって日本版としてリメイクされました。総監督として、韓国オリジナル版と同じくパク・チャンホンが務めました。

若年性アルツハイマーを宣告された敏腕弁護士が、進行する病魔と向き合いながら、愛する家族や愛していた家族のため、あきらめずに最後まで闘った彼とその家族の愛を描いています。


作品の紹介・あらすじ

あらすじ
主人公の本庄英久は、勝つためなら手段を選ばない敏腕弁護士。しかし15年前、幼い息子をひき逃げ事故で亡くすという悲しい過去を持つ。その後、最初の妻とは離婚し、再婚した妻と新たな家族を持ったが、家庭を顧みずに仕事に専念する日々を送っていた。そんな中、親友の脳外科医から、若年性アルツハイマーと診断され衝撃を受ける。以来、仕事を続けながらも改めて家族と向き合い、未解決のまま葬られた息子のひき逃げ事件の真相解明に乗り出すが、思いもよらぬ真実が徐々に紐解かれていく…。忘れたい過去から逃れ、忘れてはいけない日々の仕事に忙殺される毎日を送っていた弁護士が徐々に記憶を失くしていく中、今まで成功だけが全てだと思っていた人生をもう一度振り返り、心が離れてしまっていた家族との関係を少しずつ修復していきながら、人生の本当に大切なものを見つけていく。
Wikipedia(記憶 (テレビドラマ))

感想・その他

このドラマは、何と言っても中井貴一さんを主役に抜擢したのがよかったですね。この俳優さんはシリアスな役もコミカルな役もなんでもこなせるし、なにより重厚感がありドラマに重みがでます。『ふぞろいの林檎たち』や『ビルマの竪琴』など、若いころから見てますが、若いころのひ弱な感じが抜け、渋みが増してよい感じで歳を重ねてきております。出演作では、映画『壬生義士伝』、ドラマでは『最後から二番目の恋』とか『Age,35 恋しくて』がとくに好きです。

これまでもドラマやCMに出ていたと思いますが、彼女のことをまったく認識していませんでした。その彼女とは今田美桜さんですが、今ではちょっとしたファンです。「あれっ、このCMに出てる」、「こんなドラマにも出てる」と、このドラマ『記憶』を観てから、やたらと目に付くようになりました。今は売れっ子みたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました