スポンサーリンク

連続ドラマ『真犯人』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

WOWOWの連続ドラマ『真犯人』を観ました。
全5話、レンタルビデオでの視聴です。

犯人は誰なのか、その辺りの謎解きは最終話前でなんとくなく分かってしまいました。
とは言え、早く続きが観たくなる、そんなドラマです。
やはりWOWOWの連続ドラマにハズレ無し、とても楽しめました。

★★★★☆

作品概要

原作は翔田寛の同名の小説です。
監督は村上正典。
脚本は池田奈津子。
主演は上川隆也。共演には、小泉孝太郎、内田有紀、尾美としのり、でんでん、高嶋政伸他。
2019年秋にWOWOWで放送されました。

作品の紹介・あらすじ

平成20年、静岡県の国道高架下で須藤勲(尾美としのり)の殺人事件が発生。
この事件を捜査する静岡県警富士裾野署の刑事・日下悟(小泉孝太郎)は、須藤が昭和49年に離婚した妻との間にできた、当時 静岡在住の幼い息子・尾畑守を誘拐殺人事件で亡くしていたことを知る。
この事件は時効成立の1年前となる昭和63年に、静岡県警本部長の榛康秀(高嶋政伸)の指示により特別捜査班を編成。ノンキャリアながら警視にまで 昇進した重藤成一郎(上川隆也)が管理官となり、有能な刑事6人を率いて再捜査が行なわれた。

それから20年後に東京在住の須藤が静岡で殺されたことを不可解に感じる日下は、昭和の誘拐殺人事件を掘り下げることが須藤殺害の解明につながると直感し、警察から離れて久しい重藤を訪ねて事件解決の手掛かりを探る。
さらに、日下は尾畑守の遺族である母親の小枝子(長野里美)や姉の理恵(内田有紀)にも接触、次第に真相へと近づいていく。
WOWOW連続ドラマW

感想・その他

主演の上川隆也さんと言えば『大地の子』ですよね。
その『大地の子』は1955年にNHKで放送されましたが、彼は当時29歳で、かなり遅咲きな俳優さんなんです。
Wikipediaによると、『大地の子』の原作者の山崎豊子さんは、本木雅弘さんを主演に考えていたようですが、長期に渡る中国での撮影などスケジュール上の事情から売れっ子の本木さんを断念し、スタッフが偶然見つけた当時無名の上川さんに白羽の矢を立てました。その偶然が無かったら、今の上川さんは無いのかもしれませんね。
この『真犯人』では、昭和63年(普通の上川隆也)と平成20年(老け顔メイクした上川隆也)という20歳も歳の離れた役を演じていますが、老け顔メイクがなんら違和感が無く、WOWOW特殊メイク班のレベルの高さを感じたとともに、上川さんの渋く重厚な演技力が光ってました。
WOWOWドラマで言うと、高村薫さんの小説をドラマ化した『マークスの山』や『レディ・ジョーカー』で演じた合田雄一郎役もかなり良かったです。
しかし、本当に良い役者さんになりました。発掘してくれた、あの『大地の子』のスタッフには感謝ですね。

ちょっと頂けなかったのは、無理やりこじつけたような最後の「富士山」の件。いくら以前、家族みんなで富士山を登ろうと約束していたとしても、身代金受け渡し場所3か所を富士山の見える場所にするだろうか。人が死んでそれを偽装する時に、そんな感情が沸き上がるだろうか。家族愛を表現したかったのだろうが、この設定は要らなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました