連続ドラマW『片想い』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

WOWOWの連続ドラマ『片想い』を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

WOWOWのドラマはクオリティが高く、観ていてすごく面白い作品が多いと感じています。しかし、このドラマについては、いま一つ入り込めませんでした。扱っている題材が「性同一性障害」という難しい題材だったからでしょうか。そういう問題にも真摯に向き合って考えければいけないのでしょうが、やはりそういうことに実感が湧かないのです。

★★★☆☆

作品概要

監督は永田琴。
原作は東野圭吾原作の『片想い』。
脚本は吉田紀子。
主演は中谷美紀、その他出演者には、桐谷健太、国仲涼子、大谷亮平、鈴木浩介ほか。

2017年秋にWOWOWで放送されました。全6話。

東野圭吾による“ジェンダー”を題材としたミステリー小説のドラマ化です。中谷美紀が“ジェンダー”という難しい役に挑戦します。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
スポーツライターの西脇哲朗(桐谷健太)は大学生時代に所属していたアメリカンフットボール部のマネジャー理沙子(国仲涼子)と結婚したが、夫婦仲はうまくいっていない。ある日、哲朗は早田幸弘(大谷亮平)、須貝誠(和田正人)ら男性チームメートと同窓会を開いた帰り、須貝と2人で忍び込んだ大学のグラウンドで部のマネジャーだった日浦美月(中谷美紀)に遭遇する。
異様な雰囲気を醸し出す美月の口からは「人を殺した」という衝撃の言葉が。さらに哲朗宅で美月は、哲朗、須貝、理沙子に対し自分が性同一性障害だと告白。男としてクラブでバーテンダーとして働く美月が、ホステスの佐伯香里(中村アン)につきまとう客を人目のない所で殺したというのだ。
最初は絶句した哲朗らだが、アメフト部の元部員で美月の元恋人、中尾功輔(鈴木浩介)も交え、美月を守ろうと決意する。そんな折、美月が失踪。哲朗は美月を捜すうちに、次々と苦悩に満ちた事実に直面する。

連続ドラマW

感想・その他

「性同一性障害」を扱ったドラマです。性同一性障害とは、からだの性とこころの性が一致しない人のこと。そんな性同一性障害という難しい役柄を演じたのが中谷美紀さんです。小耳にはさんだところでは、役作りのために髪を切ったり、筋トレしたそうです。しかし、どう見ても男には見えません。ドラマの中では、ちょっと「?」と思われているような「男」として描かれています…。まあ、ドラマなので大目に見ることにします。

それと桐谷健太さん。あのCM(浦島太郎)が強烈過ぎて、まじめな役は似合わねぇ~(笑) ある意味、中谷美紀さんより気になりました。

そして、最近よく見かける髭の大谷亮平さん。CMにもバンバン出ていて急激に露出してきた感じです。初めてマジマジと顔を見たわけですが、なるほどなかなかいい男です。


東野圭吾「片想い」DVD-BOX

コメント