海外連続ドラマ『埋もれる殺意 18年後の慟哭』(シーズン3)のあらすじ・感想など

連続ドラマ(海外物)

私的評価

イギリスの犯罪ドラマテレビシリーズ『埋もれる殺意 18年後の慟哭』(シーズン3)を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

「派手な演出やアクションもなく、淡々とドラマは進行しますが、それが返って我々視聴者をドラマの中へ引き込みます。ヒントのように最初で容疑者が数人割り出され、我々にも推理する楽しさがあり、一気観間違いありません。」という前作評価はシーズン3でもその通りで、今作もかなり面白く引き込まれました。

★★★★☆

作品概要

監督はアンディ・ウィルソン。
脚本・製作はクリス・ラング。
主演はニコラ・ウォーカー。共演には、サンジーヴ・バスカー、アレックス・ジェニングス他。

シーズン1『埋もれる殺意~39年目の真実~』(全6話)は2015年に放送。
シーズン2『埋もれる殺意~26年の沈黙~』(全6話)は2017年に放送。
BBC制作で、今シーズン3(全6話)は2018年に放送されました。

作品の紹介・あらすじ

作品の紹介
高速道路の中央分離帯の地中から白骨遺体が見つかり、警部キャシーとその部下サニー(S・バスカー)らの捜査チームが真相解明に乗り出す。調査から白骨遺体は18年前に失踪した若い女性のものであることがわかり……。
ロンドンで未解決事件を追うキャシーたちの姿を中心に、ノース・ノーフォーク、ブリストルなど英国の各地で、4人の男性が繰り広げる人間関係を並行して描写。これまでと同様、一見すると無関係のように思える登場人物たちに、物語が進むにつれ事件とのつながりが見えてくるという緻密なストーリー展開は健在で、英紙でも絶賛された推理サスペンスの秀作だ。全英ITV系では第4弾の放送も予定している。

あらすじ
ロンドンの高速道路の中央分離帯で、地中から女性のものと思われる白骨遺体が見つかる。その腕には金属プレートで骨折を修復した痕が見つかり、少なくともこの60年以内に亡くなったと推察される。捜査に当たった警部キャシーと部下のサニーらは、プレートに刻まれたロゴからそれが外国製だと判断。病院で、プレートについての聞き込みを開始。プレートはキプロスのメーカーのものだと分かり……。
一方、ハムハーストで診療所を開く医師のティム、うだつの上がらない金融営業マンのピート、ブリストルで車中生活をしながら画家として生計を立てるクリス、TVのクイズ番組の司会を務めるジェームズの男性4人はそれぞれ、不安やある面倒事を抱えており……。
WOWOW

感想・その他

ロンドン・ビショップ署に勤務する女性警部キャッシーを演じるのは、ロンドン・ステップニー出身のニコラ・ウォーカーという女優さんです。1970年生まれということで、現在50歳でしょうか。イギリスでは数々のテレビドラマに出演しているようです。

そのニコラ・ウォーカーさん、ぱっと見は美人系なんですが、そこは50歳という年齢、重力には逆らえません、アップになると顔の弛みが目立ちます。でも若いころはかなり美人だったのが想像できます。その若いころの画像が見つけられなかったのは残念です。現在Amazonプライムでは、彼女の『ザ・スプリット 離婚弁護士』というドラマも観られます。

キャシーの相棒、サニル・“サニー”・カーンを演じるのは、ロンドン・イーリング出身のサンジーヴ・バスカーというコメディアン兼俳優さんで、現在56歳。見るからにインド系ですが、先祖はパキスタンとのことです。

そのサンジーヴ・バスカーさん、日本で言えば、コント55号「飛びます、飛びます」の故坂上二郎さんでしょうか。顔も体形も二郎さんにそっくりだと、今気づきました。コメディアンとは思えないくらい、ドラマ中ではシリアスな演技一辺倒です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました