海外連続ドラマ『4ブロックス / 4BLOCKS』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

海外連続ドラマ『4ブロックス / 4BLOCKS』シーズン1・2を観ました。
全6話、Amazonプライムビデオでの視聴です。

非常に面白かったこのドラマですが、楽しみでもあるきれいな女性が出てこないのがマイナス点。
男臭プンプンの重く暗い骨太なドラマです。
ちなみに題名にある「4ブロックス」とは、麻薬・売春・みかじめ料・スロットのことです。

★★★★☆

作品概要

製作総指揮はクイリン・ベルク、 マックス・ヴィーデマンほか。
脚本はボブ・コンラッドほか。
出演はキダ・コードル・ラマダン、フレデリック・ラウほか。

2017年10月よりテレビ放送されたドイツのドラマです。
シーズン1は全6話。
シーズン2は全7話。

ドイツ・ベルリンが抱える移民問題について考えさせられるドラマです。

作品の紹介・あらすじ

トニー・ハマディは裏社会から身を引くつもりだが、警察により、その願いは微塵に打ち砕かれた。 短気な弟アッバスにファミリーを任せられず、トニーはやむなくリーダーの座に戻る。そこに旧友が現れ、トニーは希望を取り戻した。果たして彼は裏社会から這い上がることができるのか?
Amazon(4ブロックス-シーズン1)

クトゥルフ一味との激闘から1年、ハマディ家にはさまざまな変化が起きていた。アッバスは殺人罪で起訴され、アマラはラティーフと一からやり直すことにする。そしてトニーはようやく念願の不動産業に乗り出した。しかしファミリーの影響力を拡大しようとすることで、カリラとの結婚生活が危機に陥る。また強大な勢力であるアル=サーフィ家もベルリンの支配権を渡そうとはせず、争いが始まる。
Amazon(4ブロックス-シーズン2)

感想・その他

最近は欧州系のドラマや映画を観る機会が増えました。この『4ブロックス / 4BLOCKS』は、ドイツのベルリンを舞台とした犯罪ドラマです。

ドイツのドラマとは言え、出演者のほとんどはアラブ系の人物ばかりで欧州感はあまり感じません。また、私が想像するドイツとはまったく違ったドイツでした。ベルリンのスラム街や警察の汚職、若者に蔓延する薬物…。移民であるが故にまともな職に就くことができず、このドラマのようにスラムを形成しマフィアを組織して違法行為。

そうなんです、このドラマの根っこにあるのは移民問題なんです。私が観た最近の欧州系ドラマや映画は、ほとんどが移民問題を取り上げています。移民大国のアメリカがそうであるように、治安が悪くなっていくのも仕方ありません。

そして我日本、2025年までに50万人超の就業を目指すという移民政策。安い賃金とやる気に満ちた移民に、駆逐される日本人労働者。安い賃金で働いてくれる移民がいれば、高い賃金の日本人労働者は要りませんよね。となれば、日本人の給料は上がらないし、貧困化がますます加速しそうです。なにより、落ちぶれた移民や日本人による違法行為。治安悪化も避けられないと思います。

そんな先行き不安な日本、それを考えさせてくれたドラマとなりました。

コメント