連続連続アニメ『鬼平』のあらすじ・感想など

TVアニメ

私的評価

連続アニメ『鬼平』を観ました。
全13話、Amazonプライムビデオでの視聴です。

原作は言わずと知れた池波正太郎氏の人気時代小説『鬼平犯科帳』です。池波ファンを自称する私ですが、ちょこちょこと漫画を読んだり、テレビドラマを観たりしているだけで、『鬼平犯科帳』は原作を読んでいません。それが良かったのか、割とすんなりとアニメに馴染めて、楽しく観られました。もうちょっと池波ワールドの真骨頂である「食」が入っていればと思いました。

早く続編が観たい。かなり楽しめます。

★★★★☆

作品概要

原作は池波正太郎の『鬼平犯科帳』。
クリエイティブプロデューサーは丸山正雄。
監督/キャラクターデザインは宮繁之。
脚本はあべ美佳・村越繁・稲本達郎・水上清資・加藤綾子。
アニメーション制作はスタジオM2
製作著作 オフィス池波/文藝春秋/「TVシリーズ鬼平」製作委員会。

原作が「オール讀物」に連載されたのが1967年だそうで、このアニメは誕生50周年記念としてアニメ化されました。2017年1月より、テレビ東京系列で放送されました。

第一話:血頭の丹兵衛
第二話:本所・桜屋敷
第三話:暗剣白梅香
第四話:血闘
第五話:谷中・いろは茶屋
第六話:盗法秘伝
第七話:瓶割り小僧
第八話:大川の隠居
第九話:わかれ道
第十話:泥鰌の和助始末
第十一話:むかしの男
第十二話:あきれた奴
第十三話:狐火

作品の紹介・あらすじ

『鬼平』の時代背景
実在の人物である火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする捕物帳です。長谷川平蔵が火付盗賊改方長官であったのは天明7年(1787年)から寛政7年(1795年)まで。天明3年の浅間山大噴火や折からの大飢饉による農作物の不作により、インフレが起きます。各地で打ち壊しが頻発し、世情は酷く不穏であったと言います。また、田沼意次の失脚(天明6年)を受けて天明7年に松平定信が老中に就任します。寛政の改革が始まりましたが、このような経済不安から犯罪が増加し、凶悪化していました。長谷川平蔵が火付盗賊改の長官となったのは同年10月でした。

参考:Wkipedia(鬼滅の刃)

感想・その他

最初はどうしてもアニメ化された長谷川平蔵に馴染めませんでした。私の中の平蔵は、テレビドラマ版の萬屋錦之介や中村吉右衛門、さいとう・たかをが描く漫画版の平蔵ですが、アニメ版の平蔵はそれらからかなりかけ離れています。しかしなんですね、観進めていくうちに、違和感もなにも無くなってしまうもんです。終わりの方ではアニメ版の平蔵が、私の中の平蔵となったくらいです。

江戸の街並みや季節感も見事に表現されているアニメーションも素晴らしい出来だと思いました。


鬼平 DVD-BOX

コメント