海外連続ドラマ『スニーキー・ピート』シーズン2のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

Amazonプライムオリジナルドラマ『スニーキー・ピート』シーズン2を観ました。
全10話、Amazonプライムビデオでの視聴です。

シーズン2も期待通り、とても面白かったです。今回は、本当のピートに間違いられ面倒な厄介事に巻き込まれます。それとは別に発生している”ピートの家族”に起こっている厄介事。シーズン1で発生した「ウィンズロー事件」に「オットーの殺し屋の件」、そしてジュリアを取り巻く「ドッカリー案件」。これらの厄介事が入り乱れて、ドラマは進んでいきます。最後はやっぱり壮大な仕掛けがありました。

★★★★☆

作品概要

監督はマイケル・ディナー、アダム・アーキン、ローラ・イネス、サラ・ピア・アンダーソン。
脚本はブライアン・クランストン、デイヴィッド・ショア、アイアン・マクドナルドほか。
製作総指揮/企画はブライアン・クランストン、デイヴィッド・ショアです。
出演はジョヴァンニ・リビシ、マリン・アイルランド、シェーン・マクレーほか。

2019年7月5日現在、シーズン3まで、Amazonビデオでプライム会員は無料で観られます。全10話。

ブリッジポートから去ろうとしたマリウスは、二人組の悪党に捕らえられます。成りすましたピートに間違えられたのです。捕らえられた原因はピートの母親が盗んだ大金を取り戻すためでした。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
3年前にピートの母親マギーらに大金を盗まれたギャングのルカが、マリウスをピートと思い込んで家族を殺すと脅し、金の行方を追わせる。マリウスはピートを刑務所から出し、マギーの居所を見つける。マギーはカジノに陳列されたバッファローの剥製の中に金があると言い、マリウスは仲間を集めてバッファローを盗み出す。ルカを騙して大金を奪うつもりであったマリウスだが、マギーに騙されてはした金しか手に入らない。NYの刑事がオードリーに殺された刑事の事件を捜査するが、テイラーが証拠を偽造してごまかす。マギーとピートは去り、家族は多くの疑問をかかえる。

Wikipedia(スニーキー・ピート)

感想・その他

このシーズン2から出てくる人物も何人かいますが、その中でも好きなのがシーズン1から出ている保護観察官のバグウェルさん。「鷲と薄汚い鳥、どっちになりたいか」と聞く、何事にも厳格で融通の利かない性格ですが、基本的には優しい人。自分で「ミスターサクセス」を名乗る自信満々の人でもあります。ピート(マリウス)を追い詰めているようで、結果的には結構助けたりしているんです。この人が出てくると、ちょぴり笑いのの出る憩いの時間となります。

その保護観察官のバグウェルを演じるのは、マルコム=ジャマル・ワーナー。出演作を調べると、ドラマが多いようです。最新の出演作は『レジデント 型破りな天才研修医』(シーズン2)のようです。
とは言え、違う作品でマルコム=ジャマル・ワーナーを見ても、気付かないかもしれません。『スニーキー・ピート』では非常に味のある役柄ですが、如何せん出演時間が短いのです。顔をしっかり覚えられません。

因みに監督の一人であるローラ・イネスさんは、私が大好きなドラマ『ER 緊急救命室』でケリー・ウィーバー役をやっていた女優さんです。映画『ディープ・インパクト』にも出演していました。

とにかく、シーズン1よりも面白くなったシーズン2でありました。

コメント