海外連続ドラマ『スニーキー・ピート』シーズン3のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

Amazonプライムオリジナルドラマ『スニーキー・ピート』シーズン3を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

このシーズン3、なんだか1や2に比べて小粒になった感じです。全編に渡るヒリヒリ感も無く、かなり勢いが衰えてしまいました。最後も「あっ」と言わせる仕掛けもありませんでした。このドラマの面白さは、マリウスによる最後の最後にあるどんでん返しなんですけどね。それが無かったのが残念で仕方ありません。

とは言え、面白くないかと言えばそうでもなく、面白いのです。でもやはり、詐欺仲間が集まり、壮大な詐欺を仕掛ける、どうしてもそんなのを期待してしまいます。

★★★☆☆

作品概要

監督はジョン・アヴネット、クレア・キルナー。
脚本はサラ・サザーランド。
製作総指揮/企画はブライアン・クランストン、デイヴィッド・ショアです。
出演はジョヴァンニ・リビシ、ジェイコブ・ピッツ、リブ・ベアラーほか。

2019年7月5日現在、シーズン3まで、Amazonビデオでプライム会員は無料で観られます。全10話。

マリウス・ジョシポヴィックとは誰か?それはマリウス自身が知りたいと思っていることだ。
バーンハート家に愛着を感じているが、彼は家族の一員ではなく、詐欺師だ。普通の人間になるチャンスは魅力的であり、同時に彼をひどく臆病にさせる。今シーズン、マリウスとバーンハート家は自らのアイデンティティーを探す旅に出る。だがそれは、自分を見失ったり、命を落としかねない危険な旅だ。

Amazonプライムビデオ

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
ジュリアはマリウスの正体を知るが、保釈人を逃がした罪に問われ窮地に陥る。ジュリアはかつてマリウスが別名で絵画の詐欺にかけた富豪とその弁護士に雇われて、存在しない詐欺師をマリウスとともに探し出し罠にかけようとする。同時にマリウスは元恋人の詐欺師リジーに誘われてワインがらみの詐欺をしかける。テイラー、ジュリア、カーリーの母ライラの生存が明らかになり、一家はオードリーの父が住むカリフォルニアに行って探す。ジュリアはライラにかつて詐欺にあった男に誘拐される。マギーがライラに成りすましていたことがわかる。マリウスは一家の協力を得て富豪を再び絵画の詐欺にかけ、たびたび裏切られたジュリアを命を懸けて救い出す。

Wikipedia(スニーキー・ピート)

感想・その他

この『スニーキー・ピート』は、シーズン3で終了となってしまいました。ドラマ的には、シーズン4に続く感じで終了します。特にマリウスとジュリアの恋の行方はどうなるのか…。しかし、打ち切り・終了とは残念で仕方ありません。

シーズン3は、いろんなことを目一杯詰め込んだ内容で、それぞれがワンシーズンを形成できそうな内容でした。そしてそれを、全10話で駆け抜けたという感じです。最初に、シーズン1,2よりも面白さが半減したと書きましたが、このシーズン3の終わり方は最高でした。マリウスよ、どこへ行く…。

コメント