スポンサーリンク

海外連続ドラマ『CIA分析官 ジャック・ライアン』シーズン2のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

Amazonプライムオリジナルドラマ『トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン』シーズン2を観ました。
全8話、Amazonプライムビデオでの視聴です。

シーズン1はスケール感も大きくて大変楽しめました。しかし、このシーズン2はシーズン1と比べるとスケールダウン・パワーダウンした印象です。
とは言え、それはそれで楽しめる作品ではあります。いや、シーズン1が面白過ぎなんです。
なお、シーズン3も製作発表されています。シーズン1以上の作品を期待します。

★★★☆☆

作品概要

原作はトム・クランシーの小説シリーズです。
原案・製作総指揮はカールトン・キューズ他。
主演はジョン・クラシンスキー。共演には、アビー・コーニッシュ、ウェンデル・ピアース他。
2019年秋にAmazonプライムで配信開始されました。

『トム・クランシー/ CIA分析官 ジャック・ライアン』は、アメリカ合衆国のアクション・スリラー・テレビドラマシリーズで、トム・クランシーの創作した小説シリーズのキャラクターであるジャック・ライアンを主人公としています。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
武器の搬入を疑って政情不安のベネズエラに入ったライアンは目の前で旧知のアメリカ議員を殺され、心臓病を抱えてロシアから異動したグリーアに再会する。ドイツ情報部員の助けを得て、議員暗殺の陰謀を調査し、殺し屋を倒す。ベネズエラに運び込まれた荷物は貴重なタンタル鉱山の採掘機械であることがわかり、暗殺の陰には大統領がいることがわかる。ライアンは退去命令を無視して収容所から政治犯を解放し、大統領の失脚を招く。鉱山開発と議員暗殺の背後にはアメリカ有力議員がいることを突き止める。
Wikipedia(ジャック・ライアン (テレビドラマ))

感想・その他

ベネズエラの大統領による数々の陰謀・犯罪を、ジャック・ライアンが暴き解決するというのが、今シリーズの物語です。

シーズン1で感じた、優れた頭脳と行動力を兼ね備えたジャック・ライアン像はみごとに吹っ飛び、「24」のジャック・バウアーのような度を越したやりすぎ主人公となっています。さすがに主権国家の大統領府で、CIAが銃撃戦を行うなど考えられません。

また、映画『ブラックホーク・ダウン』を観ていても感じたことですが、アメリカ人以外は虫けらのように扱う映像、他国に対しては何をしてもよいという傲慢さなど、ドラマと言え、アメリカ人自身の偽善や無礼さが気になって仕方ありませんでした。

物語の最後は、ベネズエラ・レイエス政権の倒壊と民主化勢力による政権樹立というハッピーエンドで、観終わり感はスッキリしたものとなります。このようなエンディングを待っている一方で、もう少しヒネリが欲しかったという気もしました。

最後に、CIAの秘密工作員の隊長マティスを演じていたジョン・フージナッカー(John Hoogenakker)という役者なんですが、かなり私のお気に入りになりました。渋くてかっこよくて、主役級の大物感があります。しかし、意外なことに、この方を検索しても日本語ページではなにも出てきませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました