海外連続ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

海外連続ドラマ『刑事ジョー パリ犯罪捜査班』を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

Amazonプライムビデオで、面白そうなのを探していて見つけたのがこのドラマです。なんたってジャン・レノが主演なら間違いないだろう的な、そんな感じです。ところが今一つのドラマでした…。

★★☆☆☆

作品概要

監督はシャーロット・シーリング、クリストファー・ナイホルム、ステファン・シュワルツほか。
製作総指揮はルネ・バルサー。
主演はジャン・レノ、その他出演者にはジル・ヘネシー、トム・オースティンほか。

2013年のフランス・イギリス合作の刑事ドラマで、全8話です。

監督は『レオン』などのリュック・ベッソンで、主演は『ミッション:インポッシブル』や『ダ・ヴィンチ・コード』などハリウッド映画にも多数出演している国際派俳優ジャン・レノです。レノはフランスTVドラマ初主演で、740万人を超える視聴者を獲得しました。

作品の紹介・あらすじ

解説
レノが演じるのは、仕事は有能だが家庭生活は破綻しているパリ警視庁犯罪捜査班の刑事ジョー。世界的なパリの名所、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、コンコルド広場などで起きる難事件の捜査に挑みつつ、娘アデルから一度失った信頼を取り戻そうと奮闘する父親でもある。叩き上げのジョーが科学捜査といった最新の捜査手法に頼ることなく、足と勘を使った地道な捜査を通じ、事件の当事者たちの心理をすくって真相究明を目指すのがハードボイルド感たっぷりな仕上がり。オリヴィア・ダボ、シエンナ・ギロリー、サム・ウォーターストン(「ニュースルーム」のチャーリー役)らゲスト俳優陣も充実。

あらすじ
パリ警視庁犯罪捜査班のジョー(ジャン・レノ)は叩き上げのベテラン刑事だが、素行が悪く、酒を飲んで犯行現場に現われるような荒んだ生活を送っている。しかし、ひとたび仕事に取りかかれば最新の捜査手法に頼ることなく、足と勘を使った地道な捜査を通じ、事件の真相を究明していく、頼もしい名刑事だ。ジョーは残された唯一の家族である看護師の娘、アデルがドラッグの売人と付き合っていると知り、何とかできないかと苦悩する。一方で、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔、コンコルド広場、ヴァンドーム広場、オペラ座(ガルニエ宮)など、パリを代表する名所で起きた殺人事件の真相究明に挑んでいく。

WOWOWドラマ

感想・その他

面白くないわけでもないのですが、なにか物足りない。多分それは、ジョー(ジャン・レノ)以外の登場人物に、あまり魅力がないからだと考えます。話数の問題もあるのでしょうが、人物像の掘り下げ方が浅いんでしょう。鑑識担当の男性や、女性検死官なんて影が薄すぎです。

シーズン1の8話目を観終わり、さあシーズン2を観ようと探してもAmazonプライムビデオに出てきません。フランスで視聴者数が740万人を超える大ヒットとなったドラマらしのですが、製作費に見合うだけのヒットに結びつかなかったことから、シーズン2の製作は中止になったようです…(汗)

「さあ、これからっ!」とも言える終わり方で、続きが気になりますが仕方ありません。


ジャン・レノ 刑事ジョー パリ犯罪捜査班DVD-BOX

コメント