海外連続ドラマ『ザ・ミッシング~消えた少年~』のあらすじ・感想など

ドラマ

Amazonプライムビデオで探して、面白そうなので観てみたドラマ。
基本的には海外物の映画やドラマは吹替版で観ますが、字幕版しかなかったので字幕版で鑑賞。
字幕版は、画面から目が離せないので、やはりちょっと面倒くさいです。
全8話、Amazonプライムビデオでの視聴です。
主演はジェームズ・ネスビットで、脚本はハリー・ウィリアムズ、ジャック・ウィリアムズの兄弟。
英BBCと米国の合作で、フランスを舞台としたミステリードラマです。

第72回ゴールデングローブ賞にノミネートされた本格ミステリー。8年前、旅行先で行方不明となった息子を探し続ける父親がたどり着いた真実とは。

英国BBC(2014年10~12月放送)と米国の合作で、全編ベルギーでロケを敢行。2015年開催の第72回ゴールデングローブ賞TVの部でミニシリーズ/TVムービー作品賞にノミネートされ、第2シーズンの製作もされた本格ミステリー。
8年前、フランスで幼い息子が行方不明になった父親トニーは、ある手掛かりを得て再びフランスへ向かい、調査を開始する。8年前と現在が交互に描かれることで、ドラマ性の高いサスペンス世界が繰り広げられるとともに、事件に関わる人物たちのそれぞれの思惑や過去の事実が少しずつ明かされ、衝撃のラストへとつながっていく……。少年はなぜ失踪(ミッシング)したのか。果たして彼は生きているのか?
出演はトニー役に映画「ホビット」3部作(ボフール役)やTV「ジキル」「脳外科医モンロー」のジェームズ・ネスビット、トニーの妻エミリー役に映画『A.I.』のフランシス・オコナー。国際派スターのチェッキー・カリョがジュリアン警部役で共演。
WOWOW(ザ・ミッシング~消えた少年~)

ドラマは子供がいなくなった2006年と現在(2014年)を行ったり来たりしながら進みます。
出演者たちの髪形が変わっているので、それを覚えておくとどちらの時代のことかすぐに分ります。
誘拐や人身売買と思われていたこの事件、実はすごくありがちな事件だったのです。
ほんのちょっとしたことで、ひょっとすると親の元に帰れたかもしれない子供。
亡霊のように子供を探し続けるエンディングの父親の姿。
裁きを受けずに死んだり、逃げている犯人たちの罪深さ。
ハッピーな終わり方ではないので、モヤモヤ感は満載です。

非常に面白かったドラマでした。
少しづつ核心に迫っていくドラマ、観始めたら最終話まで観るしかありません。

最後に父親役のジェームズ・ネスビットについて。
パッと見はジョージ・クルーニーに似なんですが、ちょっと残念なジョージなんです(笑)

★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました