海外連続ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4のあらすじ・感想など

ドラマ

私的評価

海外連続ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン4 を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

シーズン1の最後で盛り上がった気持ちも、シーズン2で再び下降し、シーズン3でまた上昇。シーズン4も盛り上がり継続で、やっ登場人物の関係性もしっくりくるようになりました。

★★★★☆

作品概要

製作総指揮はデイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスルネ・バルサー。
原作は、ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』。
主演はエミリア・クラーク、その他の出演者にはキット・ハリントン、レナ・ヘディ、ソフィー・ターナー他。

HBOのテレビドラマシリーズです。
シーズ4の『戦乱の嵐-後編-』は全10話。

ドラゴンや魔法が存在するといった架空の世界において、多くの登場人物が入り乱れる群像劇です。北アイルランド、マルタ、クロアチア、アイスランド、モロッコ、スコットランド、アメリカ合衆国、スペインなどで撮影され、2011年春から放送が始まり、最終話は2019年5月19日に放送されました。

作品の紹介・あらすじ

第4シーズン『戦乱の嵐-後編-』
原作第3部『剣嵐の大地』の後半をベースに、原作第4部『乱鴉の饗宴』および第5部『竜との舞踏』からのストーリーの一部を加えて製作されている。
七王国にて
キングズランディングには、ジョフリー王とマージェリーの婚儀の客が集まり、その中には復讐を求めるオベリン・マーテルもいる。ジョフリーが毒殺された時、動揺したサーセイは弟のティリオンが息子を殺した犯人だと名指しする。ティリオンは姉と父に陥れられ、愛した人々すべてに見捨てられる。
スターク家の残りの子供たちは戻る家をなくし、それぞれの旅を始める。サンサはピーター・ベイリッシュの助けでキングズランディングを逃げ出すが、二人の仲を疑い嫉妬に燃える叔母ライサと争いになる。一方、アリアは親戚から身代金を得ようとするサンダー・クレゲインに連れられ高巣城に旅する。
ダヴォスは、〈壁〉援護に向かうためスタニスの軍を再編成しようともがく。
ルース・ボルトンは、落とし子ラムジー、奴隷と化したシオン、家来のロックを使って〈北部〉の支配を固めようとする。
〈壁〉と周辺にて
〈壁〉に戻ったばかりのジョンは、マンス・レイダーの軍が〈壁〉を南北から攻めようとしていると警告する。南側からの攻撃はトアマンドとイグリットに率いられる。やはり戻ったばかりのサムウェル・ターリーは、〈野人〉の女ジリへの気持ちを抑えようとする。ブランはリード姉弟とホーダーと共に、夢で見た〈三つ目の鴉〉に会うため、〈壁〉の北に向かう。
エッソスにて
デナーリスは、奴隷商人湾の征服を続け、最大の都市ミーリーンを手中にする。ウェスタロスに帰る前にミーリーンに留まって統治を学ぼうと決意するが、統治の難しさと新しい恋愛と裏切りを経験する。

Wikipedia(ゲーム・オブ・スローンズ)

感想・その他

シーズン4はいろいろとありました。あの憎っくき小僧が毒殺され、ティリオンが収監、野人の襲撃、リトルフィンガーの悪行…。シーズンを通して言えますが、思わぬ人物の死が次から次へ。ただ、ここまで来ると、最後まで残りそうな登場人物が自分なりに分かってきました。ジョン・スノーやティリオンなんかは最後まで残るんではないでしょうか。こうしてみると、この二人はどちらかというと善人。最後まで残って欲しいと思わせる二人です。

さて、アリアではありませんが、私の殺したいリスト。ジョフリーが居なくなったので、一番上にはリトルフィンガーことベイリッシュが繰り上がりました。神のお裁きがあることを…。

シーズン4になり、物語にいろいろと変化が出てきて、とても面白くなってきました。今までで一番の面白さ。後半の面白さが圧巻でしたが、その中でも第9話の「カースル・ブラックの死闘」はよかったです。一時は『ゲーム・オブ・スローンズ』をリタイヤするのも考えたくらいでしたが、今は虜になってます。


ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編- ブルーレイセット(5枚組) [Blu-ray]

コメント