スポンサーリンク

海外連続ドラマ『トム・クランシー/ CIA分析官 ジャック・ライアン』のあらすじ・感想など

ドラマ

Amazonオリジナルドラマ『ジャック・ライアン』を観ました。
全8話、Amazonプライムビデオでの視聴です。
主演はジョン・クラシンスキー。
原作は米ベストセラー作家のトム・クランシー、監督はモルテン・ティルドゥムです。
2018年8月31日よりAmazonビデオで配信、プライム会員は無料で観られます(期間限定)。

あらすじ
デスクワークについていたCIA分析官ジャック・ライアンはイスラムのテロリストの怪しい資金移動に気づき、新任の上司グリーアによって現場の仕事に投げ込まれる。中東に飛び容疑者を尋問するが、指導者のスレイマンには逃げられる。フランスでスレイマンの弟を見つけて殺すが、パリでのテロを防ぐことはできない。一方でスレイマンの妻ハニンは夫の行状に不安を抱いて逃亡する。ライアンはハニンを確保して情報を聞き出し、スレイマンを捕えようとする。スレイマンは生物兵器と放射性物質を使ってアメリカ合衆国にテロを仕掛ける。ライアンは恋人キャシーと大統領を守るためにスレイマンを阻止し、栄転したグリーアの後任となる。
Wikipedia(ジャック・ライアン (テレビドラマ)

私のドラマの視聴スタイルは、自転車漕ぎ(ローラー台という、自転車を組み合わせて使用するトレーニング機器を使用)をしながら。
時間は50分と決めています(この50分が、ドラマの視聴にはちょうどいいのです)。
このローラー台トレーニングを月に20回ほどするので、観るドラマが枯渇してくる訳です。
そんな時にプライム・ビデオで大々的に宣伝していたのが、このドラマでした。
そんな訳で、あまり期待しないで観始めたのです。
それがいい意味で裏切られました。

主演のジョン・クラシンスキーは決して二枚目俳優でなく、どちらかというとなよっとした頼りない顔。
でも、背は高くてガッシリ体形なんです。
自分が女なら、好きになりたいタイプの男です(笑)
そんなライアンが黒人で小太りのボスと、テロからアメリカを救う物語がこのドラマです。

このドラマ、なにがよかったのか・・・。
先ほども書きましたが、私はローラー台を使って自転車漕ぎをしながら観ているんです。
つまらない映画やドラマだと、この自転車漕ぎの50分が辛くて辛くて堪りません。
しかし、ボクシングの試合や面白いアクション映画などでは、あっという間に50分が終わってしまうんです。
で、この『ジャック・ライアン』なんですが、辛くなかったのです。
1話ごとにアクションシーンもあり、まったく飽きさせない内容となっています。
最後は少しばかりあっけない幕切れですが、かなりお薦めのドラマです。

★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました