男の料理「しらすと梅のししとうパスタ」を作ってみた

おとこの料理

まえつねウェブの「おとこの料理」とは

この「おとこの料理」は、今までインスタントラーメンしか作ったことのない初老の男が、少しづつ料理を覚え実践し、その成長する過程を綴ったものである。
いつの日か、女房に感謝されたい。

パスタとは

マカロニ、ペンネ、スパゲッティ、ラザニアなどの食品の総称です。イタリア料理の主要な要素のひとつで、主な原料は小麦粉で、水や塩、鶏卵などでこねて作ります。

おとこの料理、第四弾は「パスタ」。こちらの呼び方の方が分かりやすいかもしれませんが、スパゲティのことであります。パスタとスパゲティの違いは何か? 上記説明の通り、スパゲティはパスタの一商品で、ロングパスタとも言われるようです。マカロニなどはショートパスタだそうです。

それにしてもいつから、スパゲティのことをパスタなんて呼ぶようになったのか? 少なくとも私が成人する1984年頃まではそんな小洒落た呼び名を口にする人なんて居なかった気がします。

今回のお題「しらすと梅のししとうパスタ」とは

NHKの番組「梅沢富美男と東野幸治のまんぷくメシ!」で2018年5月に紹介されたレシピとなります。先日、再放送されていたのを観て、とても美味しそうで、しかも簡単にできそうだったので試してみました。

材料は・・・
ししとう(100g)、オリーブオイル(大さじ1)、ニンニク(1かけ)、水(100ml)、しらす(30g)、梅干し(大2個)、タカノツメ(適量)、パスタ(100g)

作り方は・・・
1.オリーブオイルでニンニクと斜め切りにしたししとうをさっと炒め、水を加えて2分ほど煮る。
2.ししとうに火が通ったら、しらす、種をとってたたいた梅干し、お好みでタカノツメを加える。
3.パスタは、塩(少量)を入れたたっぷりのお湯でゆでる。
4.(2)に茹で上がったパスタを加えれば完成。

思った通り、とても簡単にできました。

しらすと梅のししとうパスタを作ってみて

事前にレシピを頭に叩き込んで、レシピ無しで作れたのは「男の料理」始まって以来初めてです。それだけ簡単レシピだったということです。何度も書きますが、なんと言っても、まずは下準備ですね。準備万端なら、料理がスムースに進行します。

レシピの再現度は、90%というところでしょうか。

料理の極意、繰り返し作ること!

満足度:★★★★☆

「ししとうとしらすのパスタ」で調べてみると、結構なレシピが出てきました。その中でも DELISH KITCHEN の「ししとうとしらすのオイルパスタ」が良さそうです。
なぜかと言うと、今回のレシピでは家族には概ね好評ではありましたが、今一つ味にパンチが無かったからです。こちらの DELISH KITCHEN のレシピでは塩・コショウに醤油を入れています。この塩コショウと醤油で、私のイメージする味に近づくのではないかと思う訳です。

コメント