ノンフィクション

ノンフィクション

ノンフィクション

梅村達著『派遣添乗員ヘトヘト日記』を読んだ感想

私的評価 梅村達著『派遣添乗員ヘトヘト日記―当年66歳、本日も“日雇い派遣"で旅に出ます』を読みました。以前読んだ『メーター検針員テゲテゲ日記-1件40円、本日250件、10年勤めてクビになりました』が面白かったので、そのシリーズ本である...
その他

田中修治著『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』を読んだ感想

私的評価 田中修治著『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』を読みました。 Amazon Prime Reading を使用して Fire7 で読みました。 465頁という大作です。 一難去ってまた一難。そんなことわざがピッタ...
ノンフィクション

クロサワ コウタロウ著『珍夜特急』を読んだ感想

私的評価 クロサワ コウタロウ著『珍夜特急』を読みました。2021年1月4日でサービスが終了してしまった「Kindle オーナー ライブラリー」(KindleまたはFire端末を持っていて、Amazonプライムに加入していれば毎月1冊無料...
ノンフィクション

ビル・ブライソン著『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行く』を読んだ感想

ビル・ブライソン著『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行く』は、著者が北米アパラチア自然歩道に挑んだ体験紀行文です。
ノンフィクション

川島徹著『メーター検針員テゲテゲ日記』を読んだ感想

私的評価 川島徹著『メーター検針員テゲテゲ日記-1件40円、本日250件、10年勤めてクビになりました』を読みました。新聞広告でこの本のことを知り図書館で予約、それから半年ほど待ってやっと借りられました。 数か月待った甲斐がありまし...
ノンフィクション

工藤隆雄著『マタギ奇談』を読んだ感想

私的評価 Kindle版(電子書籍)で、工藤隆雄著『マタギ奇談』を読みました(プライム会員は無料で読めました)。 縄文の昔から脈々と受け継がれているマタギ文化。受け継がれた「掟」には、とても深い意味や知恵があることに気づかされます。...
ノンフィクション

イザベラ・バード著『日本奥地紀行』を読んだ感想

私的評価 明治になってまだ11年の1878年、今から142年前の東京から北海道を旅した紀行文です。旅をしたのは当時47歳のイザベラ・バードというイギリス人女性です。 この本を読んでちょっとショックを受けました。それは、私が今まで持っ...
ノンフィクション

羽根田治著『ドキュメント 滑落遭難』を読んだ感想

私的評価 羽根田治さんの「遭難シリーズ」は何冊か読んでいて、今回Kindle版があったので「Kindleオーナー ライブラリー」を使って読んでみました。 因みに「Kindleオーナー ライブラリー」とは… Amazonプライムにご加入...
ノンフィクション

松永市郎著『先任将校―軍艦名取短艇隊帰投せり』を読んだ感想

私的評価 乗艦『名取』を撃沈され遭難した将兵約200名が、僅かな食糧と水のみで、手漕ぎの短艇でピリッピン沖の太平洋を300マイル踏破し生還したその記録。マイルだとピンときませんがキロに直すと480Kmにもなります。 先任将校を筆頭とした...
ノンフィクション

磯田道史著『無私の日本人』を読んだ感想

『無私の日本人』とは 磯田道史著、2012年に文藝春秋より刊行(文庫本は単行本は2012年)。 『武士の家計簿』で知られる歴史家・磯田道史が書いた江戸時代を生きた3人の人物の評伝。仙台藩吉岡宿の困窮を救うために武士にお金を貸して利子を得...