ノンフィクション

ノンフィクション

スポンサーリンク
ノンフィクション

河野啓著『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』を読んだ感想

私的評価 河野啓著『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』を図書館で借りて読みました。 話題の本なので、約五か月待ちました。 この本を手にするまで五か月待って、読むのに一日。それほど引き込まれました。 北海道放送でディレクター...
ノンフィクション

佐木隆三著『身分帳』を読んだ感想

私的評価 佐木隆三著『身分帳』を図書館で借りて読みました。 この本を読むきっかけとなったのは、西川美和監督の映画『すばらしき世界』を観たからです。映画としては、私の評価は星5つ(満点)で、とても印象に残る素晴らしい映画でした。という...
ノンフィクション

藤原てい著『新版 流れる星は生きている』を読んだ感想

私的評価 藤原てい著『新版 流れる星は生きている』を図書館で借りて読みました。 この本を知ったのは、とある新聞の日曜日に掲載される三冊の本を紹介する記事です。この本を読んでみたいと思ったのは、著者の夫があの新田次郎だったからです。実...
ノンフィクション

伊藤薫著『生かされなかった 八甲田の悲劇』を読んだ感想

私的評価 伊藤薫著『生かされなかった 八甲田の悲劇』を読みました。 図書館で借りました。 八甲田山の遭難事故を受けて、その後の日本に生かされたのか…。 遭難事故から3年後に起きた日露戦争ではどうだったのか。一番肝心のその検証の記...
ノンフィクション

中田整一著『四月七日の桜 戦艦「大和」と伊藤整一の最期』を読んだ

私的評価 中田整一著『四月七日の桜 戦艦「大和」と伊藤整一の最期』を読みました。 図書館で借りました。 本書は海軍軍人としての伊藤整一の人となりが書かれており伝記本と言えます。最後の戦艦大和の戦いの中での伊藤整一の描写はほんの数行...
ノンフィクション

クロサワ コウタロウ著『珍夜特急 2nd season』を読んだ感想

私的評価 クロサワ コウタロウ著『珍夜特急 2nd season』を読みました。ファーストシーズンにあたる『珍夜特急』は「Kindle オーナー ライブラリー」(KindleまたはFire端末を持っていて、Amazonプライムに加入してい...
ノンフィクション

坪井平次著『戦艦大和の最後 一高角砲員の苛酷なる原体験』を読んだ感想

私的評価 坪井平次著『戦艦大和の最後 一高角砲員の苛酷なる原体験』を読みました。 図書館で借りました。 サブタイトルにある「高角砲員の苛酷なる原体験」に興味をそそられ読んでみました。そこにはシールドに覆われた高角砲の内部での戦闘の...
ノンフィクション

南野苑生著『マンション管理員オロオロ日記』を読んだ感想

私的評価 南野苑生著『マンション管理員オロオロ日記』を読みました。以前読んだ『メーター検針員テゲテゲ日記』と『派遣添乗員ヘトヘト日記』のシリーズ本第4作で、図書館で予約し読みました。 軽い感じでサクッと読めました。このシリーズ本は、...
ノンフィクション

梅村達著『派遣添乗員ヘトヘト日記』を読んだ感想

私的評価 梅村達著『派遣添乗員ヘトヘト日記―当年66歳、本日も“日雇い派遣"で旅に出ます』を読みました。以前読んだ『メーター検針員テゲテゲ日記-1件40円、本日250件、10年勤めてクビになりました』が面白かったので、そのシリーズ本である...
ノンフィクション

田中修治著『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』を読んだ感想

私的評価 田中修治著『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』を読みました。 Amazon Prime Reading を使用して Fire7 で読みました。 465頁という大作です。 一難去ってまた一難。そんなことわざがピッタ...
スポンサーリンク