小説

浅田次郎著『黒書院の六兵衛』を読んだ感想

私的評価 浅田次郎著『黒書院の六兵衛』を読みました。 図書館で借りました。 六兵衛が最後、下城する際に伝えた加倉井に対する謝罪と感謝の念に、思わず涙しました。この感動的な最後さえあればもう、六兵衛の過去(正体)なんか分からなくても...
ノンフィクション

坪井平次著『戦艦大和の最後 一高角砲員の苛酷なる原体験』を読んだ感想

私的評価 坪井平次著『戦艦大和の最後 一高角砲員の苛酷なる原体験』を読みました。 図書館で借りました。 サブタイトルにある「高角砲員の苛酷なる原体験」に興味をそそられ読んでみました。そこにはシールドに覆われた高角砲の内部での戦闘の...
小説

浅田次郎著『おもかげ』を読んだ感想

私的評価 浅田次郎著『おもかげ』を読みました。 図書館で借りました。 「涙なくして読めない至高の最終章」、そんな文字が躍る本書でしたが、途中何度か目頭が熱くなることがありましたが、クライマックスでは涙なしで読めてしまいました。浅田...
ノンフィクション

南野苑生著『マンション管理員オロオロ日記』を読んだ感想

私的評価 南野苑生著『マンション管理員オロオロ日記』を読みました。以前読んだ『メーター検針員テゲテゲ日記』と『派遣添乗員ヘトヘト日記』のシリーズ本第4作で、図書館で予約し読みました。 軽い感じでサクッと読めました。このシリーズ本は、...
小説

浅田次郎著『長く高い壁』を読んだ感想

私的評価 浅田次郎著『長く高い壁』を読みました。 図書館で借りて読みました。 とても面白かったです。話は、浅田本によくある登場人物のインタビュー形式で進んでいきます。次々に明かされる内容、誰が嘘をついて、誰が本当のことをしゃべって...
ノンフィクション

梅村達著『派遣添乗員ヘトヘト日記』を読んだ感想

私的評価 梅村達著『派遣添乗員ヘトヘト日記―当年66歳、本日も“日雇い派遣"で旅に出ます』を読みました。以前読んだ『メーター検針員テゲテゲ日記-1件40円、本日250件、10年勤めてクビになりました』が面白かったので、そのシリーズ本である...
ノンフィクション

田中修治著『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』を読んだ感想

私的評価 田中修治著『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』を読みました。 Amazon Prime Reading を使用して Fire7 で読みました。 465頁という大作です。 一難去ってまた一難。そんなことわざがピッタ...
小説

山本周五郎著『樅の木は残った』全巻セットを読んだ感想

私的評価 山本周五郎著『樅の木は残った』全巻セットを読みました。 Amazon Prime Reading を使用して Fire7 で読みました。文庫本(新潮文庫)なら上・中・下の三巻あり、それぞれが400頁以上のボリュームある内容でし...
ノンフィクション

クロサワ コウタロウ著『珍夜特急』を読んだ感想

私的評価 クロサワ コウタロウ著『珍夜特急』を読みました。2021年1月4日でサービスが終了してしまった「Kindle オーナー ライブラリー」(KindleまたはFire端末を持っていて、Amazonプライムに加入していれば毎月1冊無料...
ノンフィクション

ビル・ブライソン著『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行く』を読んだ感想

ビル・ブライソン著『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行く』は、著者が北米アパラチア自然歩道に挑んだ体験紀行文です。