ノンフィクション

河野啓著『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』を読んだ感想

私的評価 河野啓著『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』を図書館で借りて読みました。 話題の本なので、約五か月待ちました。 この本を手にするまで五か月待って、読むのに一日。それほど引き込まれました。 北海道放送でディレクター...
小説

池波正太郎著『秘伝の声』上下巻を読んだ感想

私的評価 池波正太郎著『秘伝の声』上下巻を図書館で借りて読みました。 新宿角筈村に剣術道場を構える老剣客・日影一念が、死に逝く間際に残した遺言から、二人の弟子、成子雪丸と白根岩蔵の人生が変わります。その遺言とは、剣術の秘伝書を自分の...
ノンフィクション

佐木隆三著『身分帳』を読んだ感想

私的評価 佐木隆三著『身分帳』を図書館で借りて読みました。 この本を読むきっかけとなったのは、西川美和監督の映画『すばらしき世界』を観たからです。映画としては、私の評価は星5つ(満点)で、とても印象に残る素晴らしい映画でした。という...
小説

奥山景布子著『流転の中将』を読んだ感想

私的評価 奥山景布子著『流転の中将』を図書館で借りて読みました。 京都所司代・桑名藩主松平定敬の物語です。物語は鳥羽・伏見の戦いの直前から始まります。実兄である容保や慶勝は知っていましたが、実のところこの本の主人公である定敬(さだあ...
ノンフィクション

藤原てい著『新版 流れる星は生きている』を読んだ感想

私的評価 藤原てい著『新版 流れる星は生きている』を図書館で借りて読みました。 この本を知ったのは、とある新聞の日曜日に掲載される三冊の本を紹介する記事です。この本を読んでみたいと思ったのは、著者の夫があの新田次郎だったからです。実...
ノンフィクション

伊藤薫著『生かされなかった 八甲田の悲劇』を読んだ感想

私的評価 伊藤薫著『生かされなかった 八甲田の悲劇』を読みました。 図書館で借りました。 八甲田山の遭難事故を受けて、その後の日本に生かされたのか…。 遭難事故から3年後に起きた日露戦争ではどうだったのか。一番肝心のその検証の記...
エッセイ

池部良著『江戸っ子の倅』を読んだ感想

私的評価 池部良著『江戸っ子の倅』を読みました。 図書館で借りました。 以前読んだ『天丼はまぐり鮨ぎょうざ 味なおすそわけ』が面白かったので、図書館で借りて読んでみましたが、前書ほどの面白さはありませんでした。 『天丼はまぐ...
ノンフィクション

中田整一著『四月七日の桜 戦艦「大和」と伊藤整一の最期』を読んだ

私的評価 中田整一著『四月七日の桜 戦艦「大和」と伊藤整一の最期』を読みました。 図書館で借りました。 本書は海軍軍人としての伊藤整一の人となりが書かれており伝記本と言えます。最後の戦艦大和の戦いの中での伊藤整一の描写はほんの数行...
エッセイ

池部良著『天丼はまぐり鮨ぎょうざ 味なおすそわけ』を読んだ感想

私的評価 池部良著『天丼はまぐり鮨ぎょうざ 味なおすそわけ』を読みました。 図書館で借りました。 永六輔さんと矢崎泰久さんの共著である『ふたりの品格』の中で、永さんが面白いと紹介していたのがこの本でした。図書館で検索してみると蔵書...
ノンフィクション

クロサワ コウタロウ著『珍夜特急 2nd season』を読んだ感想

私的評価 クロサワ コウタロウ著『珍夜特急 2nd season』を読みました。ファーストシーズンにあたる『珍夜特急』は「Kindle オーナー ライブラリー」(KindleまたはFire端末を持っていて、Amazonプライムに加入してい...