浅田次郎著『わが心のジェニファー』を読んだ感想

小説

私的評価

浅田次郎著『わが心のジェニファー』を読みました。
図書館で借りました。

図書館で浅田次郎コーナーをチェックしていて題名が気になり、本の裏表紙の内容説明を読んで「これは面白そうだ」となり、借りることにしました。

浅田次郎氏のユーモアたっぷりの文章は健在で、最後まで一気に読むことができました。しかし、小説としての私の評価は、晴れのち曇りでした。最初は面白く読めますが、だんだんと違和感を感じ、最後の件は感動するところなのでしょうが、何だか白けムードさえ漂い興ざめしてしまいました。

★★★☆☆

『わが心のジェニファー』とは

浅田次郎が描く米国人青年ニッポン発見の旅
日本びいきの恋人、ジェニファーから、結婚を承諾する条件として日本へのひとり旅を命じられたアメリカ人青年のラリー。ニューヨーク育ちの彼は、米海軍大将の祖父に厳しく育てられた。太平洋戦争を闘った祖父の口癖は「日本人は油断のならない奴ら」。
日本に着いたとたん、成田空港で温水洗浄便座の洗礼を受け、初めて泊まったカプセルホテルに困惑する。……。慣れない日本で、独特の行動様式に戸惑いながら旅を続けるラリー。様々な出会いと別れのドラマに遭遇し、成長していく。東京、京都、大阪、九州、そして北海道と旅を続ける中、自分の秘密を知ることとなる……。
圧倒的な読み応えと爆笑と感動。浅田次郎文学の新たな金字塔!

小学館

著者等紹介
浅田次郎[アサダ ジロウ]
1951年東京生まれ。『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞、『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、『お腹召しませ』で司馬遼太郎賞と中央公論文芸賞、『中原の虹』で吉川英治文学賞、『終わらざる夏』で毎日出版文化賞を受賞。2015年紫綬褒章を受賞。『蒼穹の昴』『シェエラザード』『わが心のジェニファー』『獅子吼』など著書多数。

Amazon

感想・その他

アメリカ人の目から見た日本再発見の旅を、日本人であるが浅田次郎氏の目線で書かれています。とは言え、かなりの外国人旅行者に取材して情報を受けとったのではないでしょうか。日本人では出てこないと思われる「顔をぶつけてしまいそうなほどピカピカに磨き上げられた窓ガラス」とか「文房具から下着までなんでも揃うコンビニエンスストア」とか。これらは、私だけではなくほとんど日本人が普通だと思っている事柄ではないでしょうか。でも、外国人からすると違うんですね。

日本旅行中の外国人を取材する番組や、日本好きな外国人を日本へ招待する番組が大好きですが、この本を読んでいても、日本って素敵な国なんだなと再発見することができます。それにしても、ただただ本の結末だけが残念でなりません。


わが心のジェニファー (小学館文庫)

コメント