伊藤祐靖著『邦人奪還 自衛隊特殊部隊が動くとき』を読んだ感想

小説

私的評価

伊藤祐靖著『邦人奪還 自衛隊特殊部隊が動くとき』を読みました。新聞広告でこの本のことを知り図書館で予約、それから半年ほど待ってやっと借りられました。

第1章の「尖閣占拠」からこれからの物語の面白さを感じさせ、誰もが睡眠時間を削って一気読みに突入することは間違いありません。アメリカ映画にありがちな、特殊部隊員の華々しい活躍はありませんが、実際のところはこの本のような感じなのでしょう。リアル感がヒシヒシと伝わってきました。しかし、この本が重きを置いているのは、そんな戦闘シーンではなく、自衛隊の現状や問題点、そして政府や自衛隊のあるべき姿を表現したかったのではないでしょうか。

★★★★☆

『邦人奪還 自衛隊特殊部隊が動くとき』とは

内容説明
騒乱に乗じてミサイル発射を企む北の軍部に、米国はピンポイント爆撃へと動き出す。だがその標的近くには、日本人拉致被害者が――。日本の政治家は、国民は、人質奪還の代償として生じる多くの犠牲を直視できるのか? 実戦投入される最強部隊の知られざる内実とは? 日本初、元自衛隊特殊部隊員が描く迫真のドキュメント・ノベル。

(目次)
海鳴り
第1章 尖閣占拠
第2章 騒乱
第3章 出撃
第4章 帰還
エピローグ

著者等紹介
伊藤祐靖[イトウ スケヤス]
1964年、東京都に生まれ、茨城県で育つ。日本体育大学から海上自衛隊に入隊。防衛大学校指導教官、護衛艦「たちかぜ」砲術長を経て、「みょうこう」航海長在任中の1999年に能登半島沖不審船事案に遭遇した。これをきっかけに全自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊「特別警備隊」の創設に携わった。2007年、2等海佐の42歳のときに退官。後にフィリピンのミンダナオ島で自らの技術を磨き直し、2020年6月現在は各国の警察、軍隊への指導で世界を巡る。国内では、警備会社等のアドバイザーを務めるかたわら私塾を開き、現役自衛官らに自らの知識、技術、経験を伝えている。著作に『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』『自衛隊失格 私が「特殊部隊」を去った理由』などがある。
新潮社


感想・その他

著者等紹介にもあるように、1999年の能登半島沖不審船事件に遭遇しました。この事件の時、著者は護衛艦「みょうこう」の航海長で、停船中の不審船への臨検部隊の指揮官を任命されたそうです。しかし、海上自衛官の誰しもが、そのような臨検部隊としての訓練をしたことが無く、ましてや護衛艦には防弾チョッキさえ無かったそうです。そんな自衛官たちが北朝鮮の工作員が乗る船に乗り込んだら、それは大変なことになっていたはずです。この時は臨検する前に不審船が逃走を始めたので、事なきを得ました。そんなことがきっかけとなり、海上自衛隊「特別警備隊」の創設に携わるようになったようです。

この本を読んで一番ショッキングだったのは、軍隊ではない自衛隊という組織のこと。自衛官は軍人ではなく、軍人に保障された捕虜という待遇を持ち得ないのです。海外派遣で捕まった場合は、捕虜としてでなく当該国の刑法で裁かれる危険性があり、また、戦闘が行われ敵側に死者が出れば、殺人犯として裁かれる可能性だってあるとのこと。軍人でない自衛官に、軍人の義務だけを押し付けている国、それが日本なんですね。

上の能登半島沖不審船事件のWikipediaの一文にこんなことが書かれています。

防空識別圏境界が近づくと、ロシア政府から不審船追跡におけるロシア側海域通過の許可が下りた。同時にロシア側による不審船追跡が開始され、ロシア側からも停船命令が発せられた。後にロシア側の責任者は「この不審船が、もしもロシア領海に侵入していれば、即座に撃沈するつもりだった」と語っている。

敗戦国日本は、これができないんです。


邦人奪還: 自衛隊特殊部隊が動くとき

コメント

タイトルとURLをコピーしました