スポンサーリンク

八木龍平著『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』を読んだ感想

新聞の広告に載っていたこの本。
ベストセラーなのと、タイトルに興味を惹かれ図書館で予約しました。
図書館の蔵書は1冊ですが、さすがはベスチセラー本、約50人待ちでした。
著者は「リュウ博士」こと八木龍平さんです。

あの経営者も、あの政治家も、あの武将も知っていた!
日本古来の願いをかなえる、すごい! 「システム」。

じつは、神社は日本古来の願いをかなえる「システム」だったのです。
いままで、誰もが知っている「成功者」「天下人」は、そのシステムを活用し、神さまのバックアップをえて、たしかな活躍をしてきました。
著者の八木龍平さんは、「リュウ博士」として人気のブロガーですが、科学者(英語でPh.D.とよばれる博士)でもあり、さらに霊能力者でもあります。
そんなリュウ博士が、神社の神さまの正体や願いがかなう「スキマの法則」など、
神社の「見えない仕組み」を科学者の視点と霊能者の視点から、わかりやすくおもしろく解説します。
さらに本書では、有名政治家、経営者、武将が実際に参拝していた神社も「日本地図でひとめでわかる! 全国主要『天下取り神社』」としてご紹介します。
特別な人だけが知っていた「秘密」が、オープンになるときがきました。
神社の神さまは、世の中をよりよくする「成功していく人」を増やすためにいま、大きく動き出しています。
さあ、あなたも世の中をよくする成功者へのお役目を一緒にしていきませんか?
サンマーク出版(成功している人は、なぜ神社に行くのか?)

神社では、感謝を述べて、お願い事はしない。
なにかでそんなことが書かれており、神社ではお願い事はしていませんでした。
しかし、お願い事はしてもいいみたいです。
まずは、住所と名前を名乗る。
感謝の気持ちを述べ、願い事をする。
祝詞を唱える。
参拝時には、そんな感じです。
祝詞は、「祓え給い、清め給え、神ながら守り給い、幸え給え」(はらいたまえ、きよめたまえ、かむながらまもりたまえ、さきわえたまえ)。
この祝詞は覚えてしまいましょう。
また、参道の歩き方など、なるほどと実践したくなります。

要は神社パワーを信じるかどうか。
私は信じます。
今までは漠然と参拝していましたが、これからはこの本のことを思い出しつつ参拝します。

★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました