スポンサーリンク

辻村深月著『ツナグ』を読んだ感想

小説

私的評価

辻村深月/著『ツナグ』を、友人から借りて読みました。

映画は観たことがあるはずですが、内容的にはあまり覚えていませんでした。著者は辻村深月。2010年発刊で、第32回吉川英治文学新人賞受賞作です。

どうして「使者」は高校生の若者なのか…。そんなことを思わせる内容が、依頼人の気持ちとして語られています。「使者」とは何者なのか、どうしてこんなに若いのか。その回答が、最後の「使者の心得」で分かるんですね。読後感のよい小説でした。

★★★★☆

『ツナグ』とは

内容
一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者(ツナグ)」。突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員……ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。心の隅々に染み入る感動の連作長編小説。

目次
アイドルの心得
長男の心得
親友の心得
待ち人の心得
使者の心得

著者紹介
辻村深月[ツジムラ ミヅキ]
1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞、2018年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞受賞。著書に『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『島はぼくらと』『盲目的な恋と友情』『朝が来る』『東京會舘とわたし』『青空と逃げる』『傲慢と善良』など多数。

新潮社(ツナグ)

感想・その他

最近は涙が安っぽくなり、すぐに頬を伝います。全話で涙を流したかもしれません。

内容としては4章プラス1章という感じ。各章で一話が終わる形式ですが、最終章で話が繋がります。
今の自分なら…、ふっと浮かんだ人がいますが会ってくれるかな。それよりも、会って欲しいと依頼のくる人でありたいな。

コメント