スポンサーリンク

山田洋次著『悪童 小説 寅次郎の告白』を読んだ感想

小説

『悪童 小説 寅次郎の告白』とは

山田洋次著『悪童 小説 寅次郎の告白』を読みました。
NHKで放送された『少年寅次郎』があまりにも良かったので、原作の方も読みたくなりました。

え!寅さんの名付け親はあの人だったの!!!御前様が禁断の恋を?タコ社長のために寅さんが敵討ち?東京大空襲でおいちゃんとおばちゃんは・・・。さくらは昔から寅さんより賢かった!! 映画でおなじみの柴又の面々の衝撃エピソードが次々明かされていきます。瞼の母のお菊、あの散歩先生も登場。映画の中の出来事とクロスオーバーしていく新たな真実・・・。

日本映画史上、最大のヒーロー「寅さん」。1969年の第1作以来、特別編を含む全49作が公開された映画『男はつらいよ』シリーズは、いまなおひんぱんにテレビ放送されるなど、その人気はまさに“永遠不滅”級!
本作は、2011年1月より2年間にわたり全50巻が刊行された『寅さんDVDマガジン』に連載された、山田洋次初の小説「けっこう毛だらけ 小説・寅さんの少年時代」を改題、改稿の上、大幅加筆した単行本作品。
「2・26事件」の朝に帝釈天に捨てられたという衝撃の誕生秘話から柴又を飛び出すまでの十数年を、隠居中?それとも旅先? とにかく元気な寅さんがほろ酔い気分で語ります。
育ての母親に実の父。早逝する兄や出征する恩師たち、そして青ばなをたらした友人たち・・・。映画シリーズには登場することのないキャラクターたちが、笑いと涙の物語を奏でます。
え!寅さんの名付け親はあの人だったの!!!
御前様が禁断の恋を?
タコ社長のために寅さんが敵討ち?
東京大空襲でおいちゃんとおばちゃんは・・・。
さくらは昔から寅さんより賢かった!!(笑)
映画でおなじみの柴又の面々の衝撃エピソードが
次々明かされていきます。
瞼の母のお菊、あの散歩先生も登場。映画の中の出来事とクロスオーバーしていく新たな真実・・・。
さらにさらに、つい最近、生まれて初めて健康診断に行ったという寅さんは・・・。
講談社BOOK倶楽部


感想

どこか駅前の飲み屋で、少しばかり酔った寅さん。
偶然居合わせたサラリーマンに、例の調子で自分の生い立ちから家出するまでの話をしています。
そんな感じで物語は進んでいきますが、箸を片手におもしろ可笑しくしゃべっている寅さん、その情景がありありと脳裏に浮かび、そこに寅さんがいる感じです。

軽やかな文体で読みやすく、笑いあり、涙ありで一気読みするはずです。寅さんの出生の秘密や、幼少期の生い立ち、御前様や恩師との触れ合いや、幼い恋の話。そして最愛の(育ての)母と妹さくらのことなど・・・。
ずっと読んでいたい本でした。

NHKドラマは、ほとんど原作通りでした。
ちょっとした違いとして、兄(昭一郎)や祖父はドラマの方が優しい人間で、父親(平蔵)もドラマで出てくるちょっとした優しさはありませんでした。また、原作には祖母もチラッと登場します。
そしておいちゃんの竜造は、三代目の下條正巳さんのイメージですね。
ドラマの方から観てしまったので、どうしても役者さんをイメージして読んでしまいました。

私的評価

子供の頃からか飽きもせず、何回となく観ていられる寅さん映画のすごいところなんでしょうね。
因みに私の一番好きな寅さん映画は、『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』です。伊根のロケ地巡りもしたんです。
そしてなんと言っても、あの鎌倉デート・・・。とても切ないデートでした。

★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました