スポンサーリンク

GIOS PULMINO(ジオス プルミーノ)の中古フレームを買ってみた(全塗装編)

自転車関係

購入動機

街乗り用に欲しくなったミニベロ。
それからはヤフオクやメルカリで、ミニベロの中古フレームを探す毎日。
できれば名の通ったメーカーのフレームで、ダイヤモンドフレーム形状、そんな中で程度の良い物。
ヤフオクでは幾度となく入札しましたが、競い負けの連続でした。
そんな状況に打ちひしがれていた時、ヤフオクに出品されてきたのがGIOS PULMINO(ジオス プルミーノ)のベージュ色でした。
ママチャリのようなスタッガードフレームでしたが、入札してみると案外安く落札できました。
しかし、GIOSではPULMINOのことをミニベロとは呼ばないみたいで、シティークロスなる名称で呼んでます。
さあ、このフレームを使い、どんなカスタムバイクができるのでしょうか!
GIOS PULMINO(ジオス プルミーノ)の中古フレームを買ってみた(パーツ集め編)
GIOS PULMINO(ジオス プルミーノ)の中古フレームを買ってみた(ホイール組み編)

禁断の全塗装作業へ

Vブレーキ台座切断面の塗装を考えているうちに、全塗装の考えが頭に浮かび、その思いがだんだんと強くなっていきました。
そして、初めての作業ということで迷いながらも全塗装を決断しました。

まずは既存の塗料剥がしです。

購入したのは、ネットでの評判がよかったDAYTONA(デイトナ)の「二輪塗装はがし剤」です。
全塗装に突入すべく、まずはパーツをすべて取っ払いました。
ヘッドパーツの上下ワンを取り外し、ヘッドパーツ自体も新調しようと思います。
ヘッドチューブに取り付けてある金属のヘッドバッジも取り外します。

私のPULMINOフレームでは、なんら問題なく塗装を剥がすことができました。
それも、面白いくらいに。
しかし塗料は完全には剥がれなく、やはり少し残ってしまうんです。
それをシコシコ取り除くのには、時間と根気が必要です。

下地処理

下地塗装する前にフレームの塗装面を水研ぎして、細かいやキズや剥がれ残った塗装などを取り除きます。
この作業如何で、その後の本塗装のできばえが変わってきます。
ただ、この水研ぎが面倒で、実際のところかなりいい加減な作業となってしまいました。
それでもフォークとフレームで4時間ばかり時間を掛けました。
その後にパーツクリーナーを吹き脱脂して、下地作り完了です。

さて、下地処理本番のプラサフ塗りです。
プラサフとは、プライマーとサフェーサーの両方の働きがあるもで、錆止め機能や、塗料を付きやすくしてくれる機能があります。
今回はソフト99 ボディペンのプラサフを使用しました。
2本購入しましたが、フォークとフレームを塗り、結局1本で事足りました。

下地塗りということで、失敗を気にせず噴きました。
垂れもなく、初めてにしては、まあまあ上手く塗装できたと思います。

本塗装

一週間乾かした後、本塗装を実施しました。
最後の方は注意力も散漫で、もう投げやり状態でした。
風がありゴミの付着も認められ、そして、艶も全然ありません。
極細目のコンパウンドで磨きが必要かもしれません。

本塗では、フォークとフレームで、300MLのスプレー2本使用しました。
使用したのは、アサヒペンの2液ウレタンスプレーのベージュ色。
1回目塗装、2回目塗装でそれぞれ1本づつ。
3時間くらいで乾くそうですが、1週間はこのようにして乾燥させます。

塗装作業時の注意点

乾燥後、塗装面を触ってみると艶々部分とザラザラ部分がありました。
フォークはそうでもないんですが、フレームは全体がザラザラしています。

このザラザラになる原因を調べてみました。
塗料に含まれる溶剤(シンナー)が外気温により塗装面に付く前に乾燥してしまい、塗料がツブになってしまうことが原因です。そして、そのまま乾燥すればザラザラになるということです。
確かに、垂れが怖くてスプレー缶と塗装面をちょっと離した状態でスプレーしていました。
やってはいけないことをやっていた訳です。

・髪の毛がゴワゴワになる → 頭には捨ててもいいタオルを被せること
・かなり手が汚れます → 軍手は必ずすること
・かなりの刺激臭 → 必ずマスクをして作業すること
・メガネが大変なことになります → 保護メガネをすること
・作業場所 → 締め切りが可能で汚れが気にならない小屋があれば最高です

クリア塗装

ウレタン塗装ではクリアを噴く必要はないとのことですが、ザラザラが気になりクリア塗装を行うことにしました。

しかし、クリア塗料購入後に「2液ウレタンスプレーを塗装後、乾燥させてから再度2液ウレタンスプレーを噴くとチヂミが発生す場合がある」という、なともショッキングな文書を見つけました。
「チヂミ」とは、塗膜の乾燥、硬化時において発生するちりめん状の皺のこと。
これでは2液ウレタンスプレーのクリアを噴くことができないのか。
「発生する場合がある」とのことなので、発生しない場合もある。
クリア塗装を決行しました。

休日の会社隣にある物置で、最終仕上げのウレタンクリア塗装を行いました。
ここは一応壁に囲まれているので、作業にはもってこいの場所です。
初めからここで作業すれば、気兼ねなく塗料を噴くことができました。
今回は、近めで素早く移動させながら噴き、ザラザラにならないように気を付けました。
1本分噴いて終了。
その日は、そのままにして帰宅しました。
次の日、ご対面したのがコレです。

完成したGIOS PULMINO

もう一度パーツを取り付け、サイコンにボトルホルダー、SPDペダルを付けて完了。

最後に、気になっていたプルミーノの重さを量ってみました。
体重計なので、大体の重さです。
販売されている泥除け付きの完成車が12Kg、果たして・・・。
サドルバック(チューブ入り)も付いて、10.2Kg。
実際は10Kgほどでしょうか。

費用

フレーム:7250円(GIOS PULMINO)
クランク:2900円(ULTEGRA FC-6500)
チェーンリング :980円(ULTEGRA 9S 52T-39T チェーンリング取付ボルト付き)
リアディレーラー:500円(ULTEGRA RD-6500)
フロントディレーラー:1800円(ULTEGRA FD-6600)
Wレバー台座:2000円(ユーレー)
BBカートリッジ:1500円(105 BB-5500 クランク取付ボルト付き)
シートクランプ:518円(GIOS 29.8mm)
ステム:手持ち(ENE CICLO)
ハンドル:手持ち(日東)
前後ハブ:手持ち(不明)
サドル:手持ち(SERFAS STINGER RACE RS)
ブラケット:手持ち(DIXNA ジェイリーチ)
カセット:手持ち(カンパ10S 11-25)
ブレーキ:6500円(TEKTRO LONG ARMS CALIPER BRAKE R559)
リム:2本で7000円(AREXRIMS DA22(451))
スポーク:4500円(HOSHI SPOKES)
シートポスト:2500円(?)
タイヤ:2本4730円(KENDA KRITERIUM セミスリックタイヤ 451)
チューブ:3個2100円(Panaracer)
ペダル:手持ち(crankbrothers)
ケーブル類:1000円
塗料等一式:7500円

ハッキリ言って新車が買えましたが、中古パーツとは言えグレードアップしています。
どうなんでしょうね、自己満足の世界です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました