スポンサーリンク

GIOS PULMINO(ジオス プルミーノ)の中古フレームを買ってみた(ホイール組み編)

自転車関係

購入動機

街乗り用に欲しくなったミニベロ。
それからはヤフオクやメルカリで、ミニベロの中古フレームを探す毎日。
できれば名の通ったメーカーのフレームで、ダイヤモンドフレーム形状、そんな中で程度の良い物。
ヤフオクでは幾度となく入札しましたが、競い負けの連続でした。
そんな状況に打ちひしがれていた時、ヤフオクに出品されてきたのがGIOS PULMINO(ジオス プルミーノ)のベージュ色でした。
ママチャリのようなスタッガードフレームでしたが、入札してみると案外安く落札できました。
しかし、GIOSではPULMINOのことをミニベロとは呼ばないみたいで、シティークロスなる名称で呼んでます。
さあ、このフレームを使い、どんなカスタムバイクができるのでしょうか!
GIOS PULMINO(ジオス プルミーノ)の中古フレームを買ってみた(パーツ集め編)

懸案事項ブレーキ


一番悩んだのがブレーキをどうするのかということ。
フレーム自体には、Vブレーキ台座が付いています。
簡単なのはVブレーキなんですが、今回使用したいのはドロップハンドル。
問題点は、ドロップハンドルに付けるブレーキレバーでは、ワイヤーの引き量が足らなくてVブレーキが使えないということ。
ハンドルをストレートにしてVブレーキ用のブレーキレバーにするか、ドロップハンドルにしてキャリパーブレーキにするか。
ここは見た目重視もありますが、キャリパーブレーキにすることに決めました。

Vブレーキ仕様のフレームに無理やりキャリパーブレーキを取り付けるため、ロングアームのブレーキが必要になりました。
シマノにもロングアームのブレーキはありましたが、最大57mmのものしかありません。
仕方なく、73mmまで伸ばせるテクトロのR559(TEKTRO LONG ARMS CALIPER BRAKE R559)というブレーキになりました。

キャリパーブレーキ仕様にフレーム加工

購入したキャリパーブレーキは枕頭ナット式で、フレーム側がこれに対応していません。
沈頭ナット式のブレーキは、前が6mmで裏側が8mmの穴が必要になります。
しかしPULMINOのフレームには、泥除けを付ける6mmの穴しか開いていません。
そこで手持ちの工具を駆使して穴を広げ、めでたくナットを通すことができました。

また、不要となったVブレーキ台座やチェーンガード取付金具を切断しました。
切断に使用したのは、金属用の鋸。15分ほど一所懸命キコキコやって、切断できました。
切断部の出っ張りは、金属ヤスリで大雑把に、ルーター(リューター)でキレイに均しました。

ホイールは新たに組む

ホイールは新たに組みました。
手組みとなると、リムはAREXRIMS DA22の一択です。
ハブは手持ちのカンパのミラージュ (Campagnolo Mirage) 。

リムが届いたところでスポーク長の計算です。


FRONT R・L:196mm(これがちょっと長すぎました)


REAR R:205mm L:207mm

フロントはラジアル組みですが、スポークが長かったのでハブの内側から外側へ通すラジアルヌポーク組にしました。
リアは最も一般的な6本組(3クロス)のイタリアン組みです。
購入したタイヤはKENDA KRITERIUM(ケンダ クリテリウム)です。
KENDAは台湾のタイヤメーカーで、クルマのタイヤも作ってます。
チューブとリムテープは、パナレーサー。

リアカセット取付で問題発生

リアカセットは、手持ちのカンパの9S(11-25)と取り付けました。
しかし、11Sの歯がフレームと干渉してしました。

元々は7S用のフレームです。9Sはちょっと無理があったのか。
フレームを削って事なきを得ました。

ひとまず完成の図

集めたパーツで組み上げてみました。
こんな感じとなりました。

これで終わるはずでしたが、ここから未体験ゾーンに突入です。
「全塗装編」に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました