スポンサーリンク

ロードエンド(逆爪エンド)についての注意事項

自転車関係

悩み:ホイールのズレ

ロードバイク(Tommasini Sintesi)に乗っていて、激坂に差し掛かり思いっきりペダルにトルクを掛けた時に発生たリアホイールがズレ。
ホイールがズレて、リムがブレーキシューに当たってロックしたりしてました。
そんなことが数回起こり、原因不明でモヤモヤしていました。
そんな時に見つけたのが、ACTIONSPORTS OFFICIAL WEBに載っていたこんな記事でした。

解決の糸口


ACTIONSPORTS OFFICIAL WEB

スチール製の逆爪エンドにアルミ製のクイックレバーを装着する場合、クイックがエンドに負けてしまい、走行中にクイックがズレる(滑る)ケースがあるとのこと。
そんな訳で、一般的なバーチカルドロップエンドに比べて、クイックを強めに締めて欲しいとのことででした。
ただし、強く締めると、今度はクイックのナット側セレート(滑り防止のギザギザ)が潰れてしまう場合があるので、出来ればスチール製のクイックレバー使用が望ましいようです。

対処

私はアルミのクイックレバーを使っていました・・・。
考えてみれば、その症状が発生しだしたのは、このアルミ製のクイックレバー(下写真)を使いだしてからのような気がします。
何となくアルミ製ということで、知らず知らずの内に締め付けを加減していたのかもしれません。

とは言え、最初の画像のようにナット側セレート(滑り防止のギザギザ)は、一部ギザギザが潰れています。

今までは、たまたま事故にならなかっただけで、運が悪ければ怪我をしていたかもしれません。
実際、タイヤがロックして落車しそうになったのです。
ここは安全性を最大限に考慮し、カンパの鉄クイックレバーに戻すことにしました。
やはりと言うか、クイックレバーを交換後は、この症状はなくなりました。バーチカルドロップエンドなら、アルミクイックでも問題なさそうですが、逆爪エンドの場合は鉄クイックにした方が良さそうです。
安全第一!

コメント

タイトルとURLをコピーしました