スポンサーリンク

PARKTOOLの自転車ホイール振れ取り台TS-8は使えるか

自転車関係

振れ取り台とは

PARKTOOLの振れ取り台TS-8。
振れ取り台とは、自転車のホイールの歪み(振れ)を修正する道具です。
同じPARKTOOLの振れ取り台でも、TS-2.2という製品が一般的な製品ではないでしょうか。私が購入したTS-8は簡易的な製品となります。
TS-2.2が欲しかったのは当たり前ですが、いざ買う段階になると情けないことに値段が安いTS-8になってしまうんですね、これが・・・。
購入は2012年でしたが、現在ならPWT WTS12なる製品が機能と価格のバランスが良く、今買うならこれですね。
値段はTS-8よりも安く、Amazonのカスタマーレビューも上々。
画像を見た感じも良さげです。


PWT 振れ取り台 WTS12

PARKTOOL TS-8について

では本題のTS-8です。

ホームメカニックのために設計された振取台です。
■適応ホイールサイズ:16”~29”(タイヤを取り付けた状態で使用可能)
■適応ホイールハブ幅:170mmまで
HOZAN

「ホームメカニック」というのがミソですね。
それでは、今まで使ってみての感想です。

緑色の丸の部分
組み立て時、下の黒い台座を四つのボルトで留めますが、右側の一つがどうしても最後まで入りませんでした。
後日、このボルト4個をホームセンターで購入したボルトと交換しています。

赤色の丸の部分
ハブの長さに合わせる部分。
ここはネジで押さえつける構造になっていますが、押さえ付けが弱いと先端部が下がって平行になりません。
とういか、どこの位置で水平なのか分りません。
数ミリの調整の道具で、これはいただけない作りです。

この押さえつけのネジも、取っ手の付いたネジと交換しました。

オレンジ色の丸の部分
縦横の振れを測るゲージになりますが、これの動きが鈍く、スムースに移動してくれません。
かなりのストレスとなります。

まとめ

全体的にシッカリ感、キッカリ感が足りない感じです。
もう少し精度が欲しいところです。
特に赤丸の部分、移動アームのグラグラは致命的だと考えます。
私の対処方としては、移動アーム下に紙を入れてグラつかないようにしています。
また、移動アームを止めるネジがマイナスドライバを必要とし面倒です。
これはホームセンターでノブの付いたネジを買ってきました。
あと、ゲージ(オレンジ色の部分)が左側にしか付いていないため、ホイールのセンター出しは面倒です。
センター出しのため、ホイールを前後入れ替えなければなりません。

ということで、欠点ばかりになってしまいました。
簡単な振れのチェック、そんな使い方が良いのではないでしょうか。

しかし、私はこれでホイールを7回ばかり組みました。
プロではありませんので、多分それなりのホイールだと思います。
しかし、何千キロと走っていますが、今のところは問題ありません。
もちろん安全走行のため、定期的にこのTS-8でホイールチェックしているのは言うまでもありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました