スポンサーリンク

自転車用テールライト「Bikeguy トライスター レッド リアライト」を買ってみた

自転車関係

明るくて、小さくて、軽くて、ボタン電池仕様。
装着場所はヘルメット後部を予定。
そんな自転車用テールランプを探していて、「Bikeguy トライスター レッド リアライト」に辿り着きました。
これが、直視出来ないくらいの眩しさです。
もう、超強力発光です。
これならトンネル内も安心して走れそうです。

今は、fizikの「ICS対応ブリンクライト」というのを付けてます。
フィジーク独自のクリップシステムである”ICS”は、ワンタッチでサドル後方に対応品(ライトやサドルバック)を装着できる仕組みです。
スマートにサドル後方に収まるので、このライトの欠点であった光量の少なさを我慢して使ってきました。
ただ、やはり安全性を考慮し、明るいテールライトを物色した訳です。

また、探してみると最近はUSB充電する機種が多いんです。
毎回毎回、取り外して充電するのは面倒だと思うんです。
「ブリンクライト」もボタン電池で、購入後7年経ちますが、電池交換は1回のみ。
それは私があまり自転車に乗っていないとも言えるのですが・・・。
ただ、こちらのBikeguyは眩しいくらいの発光量があり、電池の減りが心配です。

ヘルメットへの装着は、付属のベルクロでは長さ的に使えませんでした。
電池交換の時は切断が必要ですが、インシュロック(結束バンド)を使いました。

さあ、後は不意に雨に降られた時に、壊れないことを願いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました